nina's 私らしく、親子ライフ
つれづれ、なにわんだー。 / nina's blog / nina's[ニナーズ]

2016、はじまる。

はやいもので
一月も
なかば、、、
おくればせながら
あけまして
おめでとうございます。

先週には
さっそく
ニナーズスナップもあり
寒いなかご参加いただいた
みなさま
どうもありがとうございました。




今年も
笑って暮らせる毎日を
満喫できるよう
日々精進してまいります。



残暑お見舞い、申し上げます。

秋の気配に
ひとしれずメランコリックな
藤原です。

大好きな夏を満喫しすぎて
年甲斐もなく
こんがり小麦色の肌となって
しまったわたしは
よもやTシャツと短パン
もしくはリゾート風のワンピースしか
似合わず、、、
秋っぽい服が似合わなさすぎて
焦りぎみ。


夏のレジャーは海水浴!
が家訓の我が家は
休日のほぼすべてを
海で過ごし
ときどき山に泊まる
というような夏季を
過ごしていました。

8月の最終週は
サマースクールもお休みして
いつも以上に時間が
あったので
2年ぶりに
ユニバーサルスタジオに
行ってみました♪



夏休みも終盤の平日やし
空いてることを期待したけど
あまかった、、、




リニューアルして
いろいろなイベントも
やってるし
そりゃそうだ
って感じですけど
この日はとくに暑かったし

「来たばっかりやのに
もう帰るん?」と嘆く
娘をなだめつつ、、、
早々に退散して
園外のユニバーサルシティで
のんびり〜♪




電車の乗り換え駅である
西九条で下車し
バスにゆられて
かねてより行ってみたかった
ところを目指すことに!

しかし
バス待ち30分強、、、
駅前の純喫茶が
すごくいい雰囲気で得した気分。




この時点ですでに
「帰りたい」となっている
娘を無理くり盛り上げて、、、
着いた先は
大阪市下水道科学館!!






下水道の役割を
楽しく学ぶことのできる
参加体験型のパラダイスで
なにより素晴らしいのは
入場無料!

イメージ的に
涼しそうとか
思っていたけど
節電のためエアコンなし!
ま、公共の施設ですから
それくらいひきしめてもらわないとね。
と、納得するも
暑くなってきたので退散。





そんなこんなで
夏休み最終日の31日、雨。

さすがに
今日こそ空いてるやろ!
と、リベンジするも、、、
そうは問屋がおろしまへんなぁ。


先日ほどの混み具合では
なかったけど
いつ行っても
ある程度の人混みは
覚悟しなければならない
人気のテーマパークなんやなぁ
と、いまさらなが実感。

ユニバーサルスタジオなのに
ライバル会社(?)の
レインコート着用で赴く
痛恨のミスを
このときに気づく、、、



しかし
気にすることはないようで
お仲間はたくさんいました。





「よやく乗り」なる
システムも導入されている
ようだし
もっと
快適にユニバを満喫できるよう
いろいろ勉強しようと
思います。

そんなさなか
はじめてはいった
キティの館。


 


最終的に
モデルのお仕事をしている
撮影中のキティに会って
一緒にお写真できる
アトラクション?

着ぐるみの類に
慎重な娘も
キティには
めずらしくハートを
ひらいていました(笑)


そして
お写真購入も
いやおうなく、、、
いや、ぬかりなく(笑)

ふだん
こういったことへの
財布のひもは厳しめですが
まさか写真撮るとか思わず
すっぴんで行ったわりに
若く写っていたので
記念に購入



「2000リボンでございます♪」

なんと、通貨はリボンです。

それにしても
キティおすすめのポーズ!
ほうれい線めだてへんし
これからめっちゃ使おう‼︎

このごろ
「ママ、犬みたいな
お顔になってるで〜」と
我が家のデビルに言われて
奥歯食いしばりながら
笑ってたけど
このポーズなら安心♡

キティありがとう!
2000リボンも惜しくないわ。







祖父母よろこぶ、孫の手クッキー。

こどもの成長が
すさまじく
気づかないうちに
身長もぐんぐん伸びて

足のサイズも
めきめきでかくなる
今日この頃

入園のタイミングで新調した
シューズたちが
のきなみ小さくなったようで
もったいない感はいなめないけど
足に合わない靴を
はかせておくわけにも
いかないので
足を向けた先は
阪急百貨店

子ども服のフロアである
11階の靴屋さんで測定してもらい
買うべきものを買い
無駄遣いをしないうちに
帰ろうと思ったんですが
ななめむかいの
洋菓子店「クラブハリエ」で
甘い誘惑♡

かねてより気になっていた
アイシングクッキー作りに
挑戦することに!




クッキー作りとはいえ
今回トライしたのは
あらかじめ用意された生地に
手形をつけて
お店のひとに焼いてもらうものと
すでに焼きあがったクッキーに
好みで選んだ色のアイシングで
絵を描いていく
と、いうもの


もっと緻密な絵が描ける
年頃になれば
もっと楽しめたかもしれません、、、

終始
ふてこい
シェフ



わたし個人的には
アニバーサリー感のある
手形クッキーに
なかなかの値打ちを
感じていて

主人にも
「なんとか保存して、
飾っときたいよな!」
なんて言ってみたら

「いらんやろ!
石膏で型とったらええやん」
と一刀両断されました

まぁ
たしかに
そのとおりですが、、、

大小のクッキーが
4まい
しっかりしたBOXに
いれてもらえますし
おじいちゃんや
おばあちゃんに
贈ったら
喜ばれそう

自分で作れる
お楽しみ込みで
お値段
1300円と
ちょっと

なかなか
おすすめです




藤原志保

関西を拠点に活動する、子連れライター(ときどきスタイリスト)。二ナーズでは、主にOSAKAでのスナップページを担当。子育てやファッションのことだけでなく、こってりなにわんだーな、大阪の街や人、出来事について、のんびりつづっていく予定です。

カテゴリー別タイトル
カテゴリ別アーカイブ
検索title
記事検索
【ニナブロ】トップへ
nina's web
祥伝社のホームページ
Web Zipper
FYnet
ads by Glam

ADSPACE